スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

ここ二日、自分ではよくわからないが何かが違う。

声をかけると女性が俺におびえているような気がする。

以前とれていた好反応すら少なくなっている。

今日女性にも指摘されたが、早口になっている。

自信をもったアプローチが、逆に傲慢でウザい奴に映っているのかもしれない。

でも・・・悲観しないしあきらめない、これもステージのひとつに過ぎないのだから。




スポンサーサイト

某日

フランスからきた某私立大学留学生 「今度なら・・・♪」 男友達に会いに行く前アドゲ。


フィンランドからカトゥーンのツアーを見に来日した3人組、某ファッションビルに向かう途中声掛け。

カラオケ打診・・・三人そろって絶対イヤダ!!

三人「今から何か食べようと思って♪」

俺「じゃあ仲良し4人組でたこ焼きでも食べるか(笑)」

もちろん後にカラオケにすり替えるつもりで。

なんと都合のいいことに、たこ焼き屋の近くまで行くと、たこ焼き屋がなくなっている。

俺「仕方ないからカラオケでたこ焼き食べるか?」

三人「イヤダイヤダ」

俺「じゃあそこで焼き鳥でも食べるか?」

結局4人で目の前の居酒屋に入ることに。

しかしここで居酒屋で妥協したことでほぼゲームオーバーだった。

お気に入りの子を隣に座らせエロ質問とボディタッチが精一杯。

一人反応の悪いのが俺にわからないようにフィンランド語で会話を始める。

お気に入りは一応バンゲはしたが、もうどうでもいい。

早く解散してターゲット変更しよう。しっかり割り勘して解散。


しかし解散したあと滑らかに言葉は出て反応は取れても連れ出せない。


今ブログを書きながら感じたのは、

やはり、連れ出しをガンガンに狙うと押し付けがましさが出てしまうのは否めない。

相手を楽しませようという気持ちのゆとりがなくなれば、
自ら骨を折って断りを招いているようなものだ。


何事も熱くなれば自分のやっていることがコントロール不可能だ。


来週は連休もあることだし、一日だけでも日本人の一人歩きに的を絞って声掛けしようと思う。

ソロでカラオケ連れ出しが出来れば、もう即れない理由はない気がするので・・・

全体講習会

やはり相手をエロい気持ちにさせなければギラは当然グダられ終わってしまう。

この一週間ずっとそのことばかり考えて、連れ出した後のトークの組み立てや

エロい気持ちにさせる質問をとっさに言えるように、口慣らしをしてきた。

しかし全体講習の日、肝心の連れ出しができない。

報告会で報告することもないからそのままストを続けようかとも思ったが・・・

逃げてもしょうがない、みんなの前で恥をさらすつもりで歯を食いしばって報告会に参加。

連れ出しすら出来ないということは、やる夫さんのブログに書いてあった

成功の構成要素どれか1つに注力するのではなく、

1つ1つの構成要素の質をまんべんなく上げる


1.ルックス

2.声かけ

3.連れ出し

4.ギラつき

5.グダ崩し

つまり総合力が問われる。

ナンパって見た目はチャラくても、中身のある人間でないと務まらないと痛感させられますね。












某日

某カフェの外に併設してあるベンチでお茶しているモデル級美女ハケソ♪

俺「人待ち?」

なんと笑うと歯に青のりがついている!!

俺「たこ焼きでも食べたん?(笑)」

3週間前にデンマークから来て約3ヶ月滞在らしい。

カラオケ打診するも、今から滞在中の外人ハウスに帰るとこ。

駅まで送り、ムリせずアドレスゲット。

手が触れた時、めちゃ手が冷たい…

手を握りながら

俺「さっきまで雪合戦でもしとったん?(笑)」

なごみムードで解散。(;´д`)

その後数人に声かけも収穫なし。

休憩を挟みスト再開。

信号待ちの外国人と日本人の2人組ハケソ。

片方にだけ声かけるともう片方に邪魔されるパターンだと判断。

交互に話しかければこのパターンは克服できるハズ。

外国人に声かけてから日本人の友達に声かける流れで行くことに。

ところが日本人だと思っていた方も実は外国人で二人ともオーストラリアから来た観光客。

ウダウダ言いながらも、なんだかんだ話しているうちにカラオケ連れ出し確定…

二人共オーストラリア人で21歳の大学生、親と一緒に観光に来たが別行動中。

1対1でも即れないのに慣れない二人相手に即るのはまだまだやん(泣)

しかしふと思った。
「これが一人なら楽じゃねぇ!?」

失敗は諦めない限り経験値の積み重ねに過ぎないのだから…

一時間で解散した後、またガンガン声かけ。

声をかけるや否や握手を求めてくるスイス人の二人組に遭遇…しかし連れ出しには一向に応じない。

某ハンバーガーショップの前で立っていた赤い髪のベルギー人…フィアンセが店から出てくるのを待っていると言う。

本当だろうか?もししばらくして出て来なければ連れ出すチャンスありと見て話し続けていると…

男が本当に現れた(笑)

けげんな顔で俺を睨み付けながら二人去って行く。

結局1日で30声かけ位しただろうか。

課題は山ほどあるが、特に連れ出した時にエロい気分にさせるトークを強化せねば(((・・;)

某日

駅から降りるやいなや、シャネルのサングラスのブロンド美女ハケソ。

ブロンド「5年付き合っているカレシいるのよ・・・」

俺「一緒に日本に来ているの?」

ブロンド「わたし仕事で今日本に来ているからカレシは来てないわ」

俺「じゃあ俺が一日カレシつとめたるわ、ええやろ」

ブロンド「いいわよ(笑)」

サングラスを外すとつぶらな瞳に胸キュン「タイホするぞ」(笑)

アメリカの西海岸から来た29歳。


時間も早かったのでウインドウショッピングに付き合い、某有名寺院までデートすることに・・・

寺院に行った後、俺が近くの某スポットに立ち寄り用事を済ませた時

なんとブロンド美女を見失ってしまった。

俺から逃げたのだろう。


退屈しているようには見えなかったので、

一人になり我に返って、もうじきプロポーズを受けるカレシのことを
思い出したのかもしれない。

真相はどうなのかわからないが本当に悔やまれる・・・

明日の行動予定を聞いていたので、そこに行けば会えるかもしれないが・・・



気持ちを入れ替えるためにもストを再開するしかない。

ストに戻ったが一人歩きのあれほどの美女に、そうそう巡り会えるものではない。

しかし某ブランドの手提げかばんを持ったお色気ブロンドハケソ。

一週間前にフランスから来た20歳の学生、フィットネスの帰りのこと。

フランス人にしては珍しく英語が上手で、比較的スムーズにカラオケに応じる。

今日はギラつかねば・・・

付き合った人数を聞いたところ、美女のわりになんとたった二人。

経験人数もその二人、ひとりは日本人で3年間も付き合ったらしい。

しかもSNSで知り合って・・・見た目はもっと遊んでいそうなのに。


肩を抱き寄せるのは問題なかったが、ボディタッチにやや抵抗・・・

もっと強引に行くべきだったのか?

SかMかの質問をしたところ、急に引き出され帰る支度をしだす始末。

プリクラに行く約束もお流れ、さぞ怪しい日本人に写ったのだろう。

1時間の予定が50分で解散に。いつも通りキッチリ割り勘に。

ギラつけなかった先週までよりは前進、まあ場数こなすしかねえか。



そのあともガンガン声かけ続けるが・・・

日本語が上手なカナダ人の女の子とフェイスブックでつながるのみで終了。



反省

一人目は相手の行動に合わせてしまったことがそもそもの間違い。

時間が早かったのでまあいいかと思ったのが甘かった。

2時間以上も一緒にいればだんだん話すこともなくなり盛り下がるのは分かっていたはず。

せめて途中で2人きりになれる場所に入るべきだった。



二人目はギラがぎこちなかった。

動画を再現できるほど頭に焼き付ければ前進可能かも。

カラオケの受付でタバコを吸いたいと言った時、喫煙室に変更せず我慢させればよかった。
プロフィール

pickup artist

Author:pickup artist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。