スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメダメな一日

この日はスタートダッシュがなかなか決まらずしばらく歩き地蔵…

バンゲ一人目はポーランド人。
結婚していて子供二人いるって言うから捨て身で連絡先聞いたら教えてくれた…

これはバンゲする必要なかったが気分を少しだけでも良くして、次の声かけに繋げる効果のみ。

その次に声かけたセルビア人。
男と待ち合わせ場所に向かう所、
捨て身で今度ご飯でもと誘うと、
「そうですね、行けたらいいですね」とか言う。

ほんまかいな?じゃあ連絡先教えてといて、

立ち止まって教えてくれた。

結局この日はこの連続2バンゲのみだったが、

その後リラックマさんに遭遇。

派手なヘアスタイルの黒人に声かけしているところを写メられる(笑)

更に派手な格好のメガネの白人に声をかけると、
私はスペイン出身だから英語はあまり上手くないのよ♪

そこで覚えたてのスペイン語で、
女性の手を握りながら
貴女はキレイな手をしてますね☆

と言うと、照れながら大ウケ(^〇^)

その後やたら愛想が良く連れ出せそうで連れ出しに応じないフランス人、日本語がペラペラのモデル級ドイツ人など連れ出しの決め手に欠け、全部で20声かけ以上したが調子イマイチ(泣)

多分焦って真顔になっていたのだろう。

もっと余裕を持って女心をくすぐらないとダメだな(;_;)/~~~

グダグダ言う女が、“けなげでかわいい奴”に思える位の器に俺がならなければアカン(笑)

グダにムキになっているようじゃ三流のナンパ師から抜け出せないっつーの。

こいつ本当は素直に誘いに応じたいのに頑張って理性で自分を抑えとるだけちゃうか?

かわいいやんけ(^〇^)

何を言われてもこれくらい気持ちの余裕持ちたいもんや。

ほんまにナンパ師が上手いか下手かでどっちにも転ぶ訳やから(T_T)
スポンサーサイト

某日

一声かけ目で今朝兄と日本にきたばかりの21歳フランス人をカラオケ連れ出し♪

今朝着いたばかりで今日は髪を洗ってないというので髪の匂いをかぎながら耳をなめる(笑)

きゃしゃな身体なのでお姫様だっこして顔を近づけるがグダられ、一旦部屋を出ていかれる。

なんとか連れ戻して和むも一時間で終了。

駅まで送ってチュウチュウして解散。

次はオーストリア人の某私立大学の留学生。

某ショップを探していたので案内してバンゲ。

その後数人に断られ続けるがポツポツバンゲ。

背の小さいスコットランド人姉妹に声をかけるや否や異常にニコニコされる。

オレ鼻毛でも出てる?(大爆笑)

あまり背が低いので一応年齢確認したところ、俺の歳も聞かれる♪

26歳だと言うと二人声を揃えて、「うっそ~」

やはり無謀に若く言い過ぎたか…と思いきや
「もっと若く見えるから…」これにはワロタ!
思わずギュッと抱きしめてしまった(笑)

しかし時間がないのでFBで友達申請まで。

ハイライトはフェロモンむちゃむちゃのセクシーなアメリカ人2人組。

ダンスのインストラクターだけに体つきもいやらしい!!

一人が今日誕生日で彼氏たちと パーティーをする為にホテルに戻るところを声かけ。

二人の間に入って肩に両腕を回して抱き寄せエロいトークで盛り上げながら路上でチュウチュウ(笑)

フェロモンたっぷり注入されほんの一時のパラダイス☆

しかし宿泊先のホテルまで来たら
「もうここまでよ(笑)」

名刺をくれたが、そんなものはどうでもいい話だ。

特別ゲストとして招待を頼んでみたが玉砕(泣)

その他2バンゲほどしたが、相変わらず数人に怖がられたり迷惑がられたり(;´д`)

なぜかフランス人に多く遭遇したが、連れ出したフランス人以外は英語が話せないのばかりだった。

忘れちゃいけないのは、本当は女の子はみんなエッチが大好きだけど理性が本能を押さえつけて素直になれないだけだということ。

そう思えばどんな手厳しい反応もかわいいではないか!

長~いつぶやき

最近佐藤さんやハーバードの塾生にルックスをほめられることが多くなった。

そこで誠に恐縮ながら大胆な仮説を立ててみた。



今の俺なら100人中98人位の女性が俺とセッ○スしたいと無意識に思うのではなかろうか?

少なくとも大恋愛中以外の女性は、俺とのセッ○スに抵抗を感じないのではないか?



しかし男もそうだが、そういう衝動にかられても、直ぐに顔や言葉に出さないのが人間の厄介な所。

それを悟られまいと無意識に理性が働き興味のない顔をしたり、時には迷惑そうな顔すらする。

だけど基本的に頭の中はスケベな妄想でいっぱい…
男ならその場でポーカーフェイスを保っても後で風俗やAVで処理した経験は誰しもあるだろう。

だから今日俺に声をかけられ迷惑そうに断った女性たちも、その場では一生懸命ポーカーフェイスを保ったが後で自分自身を慰めたりしていないだろうか?

俺たちが素直に声をかけるのをためらうことがあるのと同様、女性たちも公衆の面前で素直に「うん、いいよ」 と言えないだけなのかも知れない。

もしそれが無関心や冷たい態度に現れているだけだとしたら、みんなかわいい奴らにすら思えてくる。

俺ってなんでこんなにもてないのだろう?と悩むことは、実はとんでもない見当違いに思えてきた


人間の理性がストレートな感情表現を妨げていて、男も女も実はとても悩まされている。

だから根がエロい女ほど鬼グダを連発するのは非常に理に敵った言動であり、諦めるのではなく理性の呪縛から解いてあげなければならない。

その向こうに待っているのは言わずと知れた世界だろう。

俺だって仕事中に超タイプの女性が目の前に現れても最初はデレデレとした顔は絶対しないし、特に人前ならクールを保とうとするだろう。

だけど頭の中は○○な妄想だらけ(笑)

ルックスが改善されてきた今の俺なら、女性も俺を見た時同じメカニズムが働いている可能性が高いだろう。

それが無視や拒否の真相ではなかろうか。

その“女のかわいらしさ”を理解出来れば反応も変わってくることだろう。



皆さんどないでしょうか?

久々に悔しすぎて寝れない

40声かけ以上はしたと思うが連れ出し出来ず、僅か1バンゲでは穴があったら入りたい。

アプローチの声かけでおろそかになっている部分はないか総点検。

動画と音声で佐藤さんのアプローチトークを徹底分析してみる。

連れ出し打診までに大きくわけて3つのことをさりげなくしていることに改めて気付く。

多分俺もスムーズに連れ出し出来た時はこの3つのことを無意識にきちんとやっているのかも知れない。

基本中の基本だが一つ一つの果たす役割を深く理解して使うのと、丸暗記した言い回しをなぞるだけでは全然違う。

面倒くさがって3つのステップの2つ目がややおろそかになっていたかもしれない。

すべてはナンパ師が上手いか下手かで結果が決まるのだから…
プロフィール

Author:pickup artist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。