スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某日

駅から降りるやいなや、シャネルのサングラスのブロンド美女ハケソ。

ブロンド「5年付き合っているカレシいるのよ・・・」

俺「一緒に日本に来ているの?」

ブロンド「わたし仕事で今日本に来ているからカレシは来てないわ」

俺「じゃあ俺が一日カレシつとめたるわ、ええやろ」

ブロンド「いいわよ(笑)」

サングラスを外すとつぶらな瞳に胸キュン「タイホするぞ」(笑)

アメリカの西海岸から来た29歳。


時間も早かったのでウインドウショッピングに付き合い、某有名寺院までデートすることに・・・

寺院に行った後、俺が近くの某スポットに立ち寄り用事を済ませた時

なんとブロンド美女を見失ってしまった。

俺から逃げたのだろう。


退屈しているようには見えなかったので、

一人になり我に返って、もうじきプロポーズを受けるカレシのことを
思い出したのかもしれない。

真相はどうなのかわからないが本当に悔やまれる・・・

明日の行動予定を聞いていたので、そこに行けば会えるかもしれないが・・・



気持ちを入れ替えるためにもストを再開するしかない。

ストに戻ったが一人歩きのあれほどの美女に、そうそう巡り会えるものではない。

しかし某ブランドの手提げかばんを持ったお色気ブロンドハケソ。

一週間前にフランスから来た20歳の学生、フィットネスの帰りのこと。

フランス人にしては珍しく英語が上手で、比較的スムーズにカラオケに応じる。

今日はギラつかねば・・・

付き合った人数を聞いたところ、美女のわりになんとたった二人。

経験人数もその二人、ひとりは日本人で3年間も付き合ったらしい。

しかもSNSで知り合って・・・見た目はもっと遊んでいそうなのに。


肩を抱き寄せるのは問題なかったが、ボディタッチにやや抵抗・・・

もっと強引に行くべきだったのか?

SかMかの質問をしたところ、急に引き出され帰る支度をしだす始末。

プリクラに行く約束もお流れ、さぞ怪しい日本人に写ったのだろう。

1時間の予定が50分で解散に。いつも通りキッチリ割り勘に。

ギラつけなかった先週までよりは前進、まあ場数こなすしかねえか。



そのあともガンガン声かけ続けるが・・・

日本語が上手なカナダ人の女の子とフェイスブックでつながるのみで終了。



反省

一人目は相手の行動に合わせてしまったことがそもそもの間違い。

時間が早かったのでまあいいかと思ったのが甘かった。

2時間以上も一緒にいればだんだん話すこともなくなり盛り下がるのは分かっていたはず。

せめて途中で2人きりになれる場所に入るべきだった。



二人目はギラがぎこちなかった。

動画を再現できるほど頭に焼き付ければ前進可能かも。

カラオケの受付でタバコを吸いたいと言った時、喫煙室に変更せず我慢させればよかった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pickup artist

Author:pickup artist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。