スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ド真ん中のストライクを見逃す(;_;)

今から約一時間前、仕事の休憩時間に自転車に乗ってコンビニに向かった。

コンビニの目の前で自転車をとめようとしたその瞬間、長身の白人美女が目の前をすっと通り過ぎた。

絵に描いたような美しさに俺はあ然として固まってしまい声をかけることに躊躇。

いつものナンパスポットならあり得ないが、結局声をかけずじまい。

最大の失敗は声をかけ損なうことである、という師の教えの重みを実感。

いつ何時でも、自然にサラッと声をかけれるようにならねば…





ナンパに本当に必要なものとは?

某日

モデル風の美女が某カフェの外のベンチに座った瞬間声かけ!
ロシアから来た若い子だが英語はあまり得意でないようだ。

なんとか誘って歩き出すもカラオケの目の前でグダ。
カフェならOKとういうので入ったことのない高そうなカフェに入ってみる。

対面で座ってスイーツとお茶を飲みながら話すも恥ずかしそうに目をそらす。
そんなに目をそらされたことはあまり記憶がない(笑)

同じロシア人でも先週のメチャメチャ反応のよかったロシア人とは大違い!
日本に来て3週間で5キロ痩せたと言って3週間前の写真を見せてくれたりしたが
俺と話していてもあまり楽しくなさそうな気がした。

記念写真を撮り終えるや否や、「じゃあ帰るね」という感じで店を先に出て行った。
少しあっけにとられたが話が盛り上がっていなかったので仕方ないかと思い後を追わずに、
珍しく全額自分でお金を払って店を出た。
そのときはまだまだ会話が下手くそだなと自分で思ったのだが、、、


ナンパに本当に必要なものとは何だろう?と改めて自問自答してみた。


今更ながら出た答えは、相手を思いやる”やさしさ”でないかなと。

自分が即りたいから声をかける、それは確かにそうなのだが。

そこに”やさしさ”があれば

女性が一人でさびしそうにしているから、
ボランティアで話し相手になってあげようという発想が生まれる。

女性なら近づいてくる男にそういう”やさしさ”があるかどうかはすぐ分かるのではないか?


やさしさがなければただの変質者なのかもしれない(笑)

【一言】某日、余計な連れ出しをして反省からの気づき

ターゲットを定めてから射程圏内に近づくまでの歩き方にキャリアが出る。

敏腕ナンパ師はそこに違いを感じさせる。

多少ルックスや髪型が決まってなくても、
「俺はナンパ師なんだ」という自覚と責任感があれば、ハンデはカバー出来る。

某日 新しい試み

第一声目にあるジェスチャーを取り入れてみたところ、反応がガラリとアップ!

口でなく体全体で話すことで、こんなにも違うとは…今更ながら気付くオレ。

残念ながら連れ出しはなかったがアプローチトークで子供扱いやペット扱いを試みたところ、意外と喜んでいる(笑)

後で振り返るといじった後のフォローが全然出来てないことに気付く。

小さなお願いから大きなお願いにもっていくことも試みたが、もって行き方が若干強引だった。アプローチで使うにはもう少し工夫が必要だろう。

今後のトークのバリエーションのひとつとして完成させたい。

全体講習

都内某所で全体講習。

新しい受講者さんも数名増えてにぎわいました。

相手の話を聞くということは多少オーバー気味に反応すること、そうすれば相手は楽しくなってドンドンしゃべってくれる。

そのようなことを学長が言っていたが、
コミュニケーションの核心であり特注の中の特注のアドバイスでした。

それをグダなど都合の悪いことを言われたりした時も、テンションを落とさず嬉しそうに楽しそうに自然と反応出来るようになりたいものだ。

多少オーバー気味に反応するという所が俺がまだまだの部分であり、意識して改善していかなければならない。

特にグダに対してテンションを落とさず明るく反応するのが俺の課題だ。

オーバー気味がちょうどいい!
プロフィール

pickup artist

Author:pickup artist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。