スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人はふるまいが9割

数週間前のナンパでの出来事

声をかけようと思い女性の目の前に立ち1、2秒アイコンタクトをとった瞬間

俺「…」

金髪「けっこうです」

俺はまだ一言も発していないのに、金髪娘は俺のセリフを先読みして日本語で断ってきたのだった。

決してこのようなことは珍しいことではないし、過去のナンパでも何度かあったと思う。

相手が話し始める前に何かしらの判断を下すこと=一次審査

話しぶりや話しの内容でジャッジすること=二次審査

フローチャートどうりにしゃべっても先生のように上手くいかないのは、一次審査で不合格になっている可能性が高い。

それは人の家に上がる時、脱いだ靴を揃えない礼儀知らずのようなもの。

相手は口には出さないが、
「靴くらい揃えろよ」
と思っていても不思議でない。

「なんだこいつ?」と思っても普通はぐっとこらえるのが大人だ。

ナンパに例えるなら、
第一声の前に注意を払うふるまいとは?

●立つ位置
●パーソナルスペース
●笑顔
●アイコンタクト

これらが一次審査

もちろんそれ以前に不快感を与えないルックス作りは言うまでもない。

考えるまでもないが一次審査をパスしていない人間が、二次審査で逆転することは極めて異例だろう。

人はふるまいでふるい分けされている。


4つのステップでバンゲ

1 アイコンタクトをとる

2 ○○と△△をセットで言う

3 今時間があるか聞く

4 携帯を取り出し番号(ライン)教えてと言う

ただこれだけで不思議とバンゲ!

余計なトーク=うざい奴(笑)

カラオケに誘ったら…後編

まず最初に理解しておくことは、

もしあなたが女性の美しさを認めたり、優しい言葉などをかけると

ほんの一瞬嬉しいと感じるが、
次の瞬間無意識にあなたをその他大勢の男性に振り分けてしまう。

心の中では
「ありがとう、でもあなたにはもう興味ないわ」
ぐらいに思っていることだろう。

つまり誉めっ放しでは
満足=飽き あなた=退屈な男

認められて嬉しいのは恐らく0.3秒くらいだろう。

だからディする(いじる)ことでバランスをとらなければいけない。

一例だが、服を誉めるなら

♂「素敵な服ですね、お似合いですよ。」

♀「ありがとうございま……す」

……の間に、あなたは終わってしまう。

しかし

♂「それシマムラの最新作?」

とすぐさまディすると終わらずに興味を引きつけておくことが出来るだろう。

話を戻して、
カラオケに誘った時

「私とんでもない音痴なんです。」

と言われたとしたらどんなウィットで切り返すか?

「じゃあ俺、○○が歌っている間ずっと耳ふさいでいるから(笑)」
(実際に耳をふさぐ身ぶりをしながら)

そして英語では

Don't worry,
I'll put my fingers in my ear, while you sing.

カラオケに誘ったら…前編

ナンパ師はよく女性に声を掛けてカラオケに誘います。

もちろん直ぐに応じる女性は少なく、何かしらカラオケを断る言い訳をすることが少なくない。

つい先日もカナダ人の長身女性が
「私、とんでもない音痴なんです。」
I am a horrible singer.

本当に音痴かどうかはわからないが、大事なのは前回話したウィットに富んだ切り返し が出来るかどうか。

読者の皆さんなら何と言って切り返しますか?

例えば

「またまたそんな謙遜ばかり言って…」

「じゃあ俺が歌うの聞いていて…手叩くだけでいいから…」

「歌わなくていいからソフトドリンク飲み放題に行こう…」

俺も以前よく使ったが、これらは全てまともな切り返しでウィットのかけらもない。

要は女性の断り文句を額面通り受け取ればゲームオーバー。

考えてみよう。
グダをウィットで切り返すと一体どんなことが言えるか?
そして英語では何と言うか?

後編に続く



ある日突然、気がついたこと…


女性は男性を試す生き物である。

意識的にすることもあるが、多くの場合無意識的に男性を試して価値のある男かどうか瞬時に振り分けている。

例えば…
わがままを言う。
無理な要求をぶつける。
訳も分からず怒ってみる。

ここで慌てふためいて女性の言葉を額面通りに受け取り己の感情を乱せば、その他大勢のダメ男として烙印を押される。

女性の態度にびくともせず冷静を保ち、ウィットに富んだ切り返しの出来る男のみがテストに合格する。

女性は恐ろしいほど無意識 にもこの抜き打ちテストを行う。

誘いやギラつきをグダるのもテストの一つかもしれない。

そこで正論で対抗すれば強い男として不合格。

都合の悪いことを言われてもウィットに富んだ会話で女性の感情を揺さぶれる男が、女性が出会ったその日に心と体を許してしまう勝ち組だろう。


俺も今までいいところまで行ってよくポシャったり苦戦したのは、いつもこのテストに阻まれていたのだと思う。





プロフィール

Author:pickup artist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。